婚活コラム「婚活、夜明け前。」 of ココロの婚活ノート

 わたしらしい結婚を叶えるワークブック

No.1 好きな(有名)人の結婚。


婚活女子にとって、最も衝撃的なニュース。
それは、誰かの結婚である。

女友達であれ俳優であれ、どんな知らせよりも心がざわつく。

誤解のないように言っておくと、友達の結婚報告を受けるのはうれしい。
知らせを聞いても妬まないので、安心して報告してほしい。

焦りや不安というのは、結婚式の帰り道に襲ってくるものだからね。


ところで、男性有名人が結婚したときの喪失感は何なのだろう?

言い知れぬ悲しみを、誰かと共有せずにいられなくなる。


俳優の戸次重幸さんと女優・市川由衣さんが結婚を発表した翌日に、TOKIOの国分太一さんの結婚報道があった。

昨年も、西島秀俊さんの結婚発表の2日後に向井理さんの結婚が発表されて、婚活女子の淡い期待が無残にも砕かれてしまった。

あれは、もはや事件だった。


彼らと結婚できるわけではないのは重々承知している。

でも、つらいものはつらい。




好きな人の結婚は、まだ経験していないさまざまなことを想像させる。

プロポーズはしたのか。

「娘さんを僕にください」的な挨拶をしたのか。
しかも、それをクリアしたのか。

結婚式は挙げたのか。

何ヶ月も前から打ち合わせをしたり、婚約者とケンカしたりしたのか。

結婚資金を貯めたりしたのか。

婚姻届を取りにいって、記入して、提出したのか。


など、考え始めたら眠れなくなってしまう。



こんな面倒くさそうなことにしたのか、誰かのために。
そう思うと、嫉妬の嵐が吹き荒れる。

世の中には、わたしの好きな人に愛されている女性がいるのだ。


ゆるせぬ。


果てしない敗北感と嫉妬を感じながらも、好きな人が結婚するときに見せたであろう男気にキュンとして、でもその相手は自分ではないことを思い出して打ちのめされる

……というのが、好きな人の結婚がつらい理由ではないだろうか。



先ごろ、好きな(有名)人が、結婚していることを知った。

好きな人が綴る「妻」とのエピソードは、なんとも美しかった。
不覚にも微笑んでしまうほどの幸せな結婚生活。
わたしは絶望的な気持ちになって、Kindleをそっと閉じた。


あぁ、つらい。
生まれ変わったら、あなたが飼う猫になりたい。
だけど、「妻」に嫉妬するから、やっぱりやめる。



でも、よかったこともある。
誰かを好きになるのはいいなと再確認できた。

そして、「わたしは結婚したいんだ!」と、ハッキリとわかった。


だから、悲しんではいられない。
とにかく出会わなければ。


「出会いさえすれば、なんとかなる」は、肉食女子の合言葉。

出会うのが10年遅かったか……。
やっぱり、行動は早いに越したことはない。


ここまできたら、婚活女子のガッツを見せようではないか。

「独身でいてくれてありがとう!」と、お互いに言える相手に出会うまで。





美濃部由紀(Yuki Minobe)

DSCF1091.jpg心理カウンセラー

心理学を婚活に活用したワークブック「ココロの婚活ノート」を共同で製作。
自身も婚活をしながら婚活女子のための心理学講座「秘密の女子会」を開催している。

心理カウンセラーの活動とWebコンテンツのライターを生業にしているため、あまり家から出ないのが目下の悩み。

「わたしのことが子ねこに見える人と結婚したい」と、わりと本気で言っている。



プロフィール
大阪@婚活女子のための心理学講座「秘密の女子会」
和歌山@婚活女子のための心理学講座「秘密の女子会」
お問い合わせ・お申込み