わたしらしい結婚を叶えるワークブック

プロポーズされる女性と、されない女性の違いとは?

#4 私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな (ジェーン・スー)








「未婚のプロ」……それは、未婚を究めた者の呼び名である。

未婚のプロで著者のジェーン・スーは言う。

シングル・イズ・ドラッグ。

独身は麻薬である、と。



本当にそうだなぁと、実感を込めて思う。

独身は、とにかく自由である。

お金と時間が自由なだけでなく、誰と付き合うのかも自由。

すべては、自分次第なのである。

「自分」というものが強くなっていくのも、当たり前なのかも。




「私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな」は
コラムニストのジェーン・スー(未婚のプロ)によるコラムである。



未婚女子がプロポーズされない理由が書かれていているのだが
おもしろすぎると同時に、胸が痛い。



このコラムは、読めば読むほど本当にすごい。


未婚女子を客観的に分析しているから
「まさに、わたしのこと」と当事者意識を持ちながら読めて
なおかつ、既婚女子と未婚女子の違いが明確に示されている。




ということはつまり……
未婚のプロの特徴を改善して、既婚女子の特徴を行動に移せば
プロポーズされる女になれるのだ




それが簡単にできないのが、未婚のプロなんだけどね。えへ★








この本を2年半前に読んでいたので、感想を読み返してみた。


ちゃんと自分が未婚である理由を見つけて反省したりしている。




だが、その反省は、まだまだ足りなかったようだ。




なぜなら、その後、結婚願望がない男と付き合ってしまったからである。


だけど、この本を読み返してみて、気がついた。

結局、わたしは自分のことしか考えていたなかったのだと。



プロポーズされる女性は、しっかりと相手のことを観察しているという。



相手が投げてくる球を取りこぼさない名キャッチャー。


ちょっとしたサインも見逃さず、相手のプライドを傷つけず、
プロポーズまで誘導できる人。


「結婚はゴールではない」と言う男性は
「この人は結婚後も自分を支えてくれる」とわかったときに
結婚を決意するのかもしれないなと思った。



もしも、わたしがもっと恋人のことをしっかりと見ていたら
「結婚したい」と思ってくれたのだろうか。




いけない、いけない。


また思考のベクトルが「自分」に向いている。


既婚女子を見習って、キャッチャーにならねば。




***こんな本です***


未婚のプロであるジェーン・スーが、未婚道を突っ走る女子の考え方や行動から、プロポーズされない理由を綴ったコラム。
普段、何気なく言っていることや、よかれと思ってしていたことが、プロポーズから遠ざかっていたことを知ってショックを受けながらも、「教えてくれてありがとう」と心から思える本です。



この本をamazonで購入
ブクログ:結婚がわかる100冊の本棚


はじめに
#1 この人と結婚するかも
#2 スパルタ婚活塾
#3 消滅世界
#4 私たちがプロポーズされないのには、101の理由があってだな
#5 夏休み
#6 怒り
結婚がわかる100冊リスト

美濃部由紀(Yuki Minobe)



心理カウンセラー

心理学を婚活に活用したワークブック「ココロの婚活ノート」を共同で製作。
自身も婚活をしながら婚活女子のための心理学講座「秘密の女子会」を開催している。

心理カウンセラーの活動とWebコンテンツのライターを生業にしているため、あまり家から出ないのが目下の悩み。

「わたしのことが子ねこに見える人と結婚したい」と、わりと本気で言っている。



プロフィール
大阪@婚活女子のための心理学講座「秘密の女子会」
和歌山@婚活女子のための心理学講座「秘密の女子会」
お問い合わせ・お申込み